2017 / 04
<< 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>

1937年のフランス映画に "Miarka, la fille à l'ourse" というのがあり、 Miarka ミアルカというのは東欧系の名前で、この映画の中ではミアルカはジプシー娘として登場するのだが、ジュリエット・グレコ Juliette Gréco の歌う「ミアルカ」とは関係がなさそうだ。

ところでこの曲はジャン・ルノワール Jean Renoir 監督、イングリット・バーグマン主演の映画 "Elena et les Hommes" 「エレナと男たち(恋多き女)」の主題歌としてジュリエット・グレコによって歌われているが、エレナはポーランドの貴族の女性の名である。なぜこの曲のタイトルが「ミアルカ」なのか良く分からないが、いずれにしろエキゾチシズムを感じさせるタイトルにしたかったのだろう。作曲はジョゼフ・コズマ Joseph Kosma です。

41115a.jpg

Miarka  Juliette Gréco  ミアルカ  ジュリエット・グレコ

41115e.jpg

Miarka  ミアルカ      《宇藤カザン訳》

Ô nuit, mon amie, je t'attends
Ô nuit, donne-moi un amant
Ô nuit, mêle-toi à ma chevelure
La la la.

おお夜よ、私の友よ、おまえを待っている
おお夜よ、私に恋人を与えよ
おお夜よ、私の髪にもつれ込みなさい
ラ、ラ、ラ
..
Un amant qui moi seule aimera
Au matin, sans bruit, il partira
La la la...

私だけが一人の恋人愛するだろう
朝に、音もなく彼は立ち去るだろう
ラ、ラ、ラ

Ô nuit, dans ton noir firmament
Ô nuit, le signe du croissant
Ô nuit, brillera dans ma chevelure
La la la...

おお夜よ、天空の暗闇の中で
三日月のしるしは私の髪の中で輝くだろう
ラ、ラ、ラ

Un amant que je veux voir souffrir
Un amant que je ferai mourir
Hmm hmm hmm...

恋人が苦しむところを見たいと願う私
恋人を殺すかもしれない私
フム、フム、フム

Ô nuit, je te fais le serment
Ô nuit, d'oublier mon amant
Ô nuit, lorsque cessera ma brûlure
La la la...

おお夜よ、おまえに誓おう
おお夜よ、恋人を忘れることを
おお夜よ、身を焦がす痛みが静まる頃に
ラ、ラ、ラ

D'oublier la chaleur du matin
D'oublier les cailloux du chemin
La la la...

明け方のほてりを忘れること
行く末の妨げを忘れること
ラ、ラ、ラ

この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。