2017 / 05
<< 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>

アズナヴールコンサートのコピー
↑上の画像をクリックすると拡大します。

もうすぐ「アズナヴールを歌う」のコンサートです。歌手シリーズも「バルバラ」ピアフ」「モンタン」と続き、今回はアズナヴール特集ですが、数ある名曲の中から選りすぐって歌われます。
アズナヴールを歌う人で「ラ・ボエーム」を歌わない人はいないと思うのですが、今回はカザンが画家であるという理由で僕が歌わせていただくことにしました。

この曲は20代半ばにパリの美術学校に留学していたカザンにとって最も切実で心に響く歌詞なのです。
曲は画家を志す男とその恋人の青春の物語で、夜通し彼女の裸体を描き、夜明けのカフェオレを前に疲れ果てながらも人生の充実感に浸り、またカフェで冬の寒さも忘れて仲間と熱く語り合い、空腹を抱えながらも誰もが自分の才能を信じて栄光を夢見ていた頃の青春の回想です。
4番ではふと昔住んでいたアトリエを訪れるとあたりはすっかり変わって、当時の面影は消え、窓辺のリラの花も枯れていたという内容ですが、あの頃は若く愚かだったとの結びの言葉に、カザンは若さは失ったけれど、愚かさはまだ持ち続けていると思う今日この頃です。

当日券もありますので是非お出かけください。
アズナヴールプログラムのコピー.2jpg
↑上の画像をクリックすると拡大します。

この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。