2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近素晴らしい歌手を発見した。Wende Snijdersというオランダ人の女性歌手なのだが、読み方が分からないのでオランダに住む妹に聞いたところウェンデ・スネイデルスという発音が一番近いようだ。

00721a.jpg

彼女の歌い方はブレルともマイザとも違って、語るように歌うのだがフランス語の発音も完璧で、何よりも若いのにフランスのシャンソンを歌うところがうれしい。

Wende  Ne Me Quitte Pas

「行かないで」を自分とは全く違う歌い方をする歌手の興味が沸き、他の歌をどう歌っているかが知りたくなった。そこで同じジャック・ブレルの「平野の国」を聴いてみたがブレル独特の癖が全くない別の歌い方だった。

Wende Snijders   Le plat pays

カザンのレパートリーの「パリ・カナイユ」も相当変わっているが妙に説得力がある。

Paris Canaille  Wende Snijders

カザンはイヴ・モンタンまたはジャックリーヌ・フランソワに近い歌い方だと思うけれど、、、、



[間と身体感覚]
ウェンデは、私のブログでもピアフの「群衆」のページで取り上げました。私は動画を見て、職業柄、彼女の身体感覚の素晴らしさにまず着目しました。動きが完全に歌と一体化しています。そして、間の取り方が見事です。「無音」を曲の一部として使っています。したがって、動画では起こりがちな映像と音声のタイムラグが残念に感じられます。ほかの歌手の歌ではあまり気にしないことですが。私もヨーガで培ってきたことを歌に活かせればと思いましたが、なかなかそうは…。
[間]
音楽において重要でないものはありませんが、ピアニッシモと間が奥義のように思います。しかしこれを習得するのはとても難しい。憧れつつ少しでも絶妙の境地に近づけるようになりたいものです。人の心に深く達するためには、楽譜の約束事に書き切れない妙薬が必要という訳です。
この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。