2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

1960年代にシャルル・トレネ Charles Trénet によって作られた「神父様のオルガン」 "L'Abbé à l'Harmonium" は日本では内容が変えられて古賀力訳の「先生のオルガン」というタイトルで歌われている。

30910a.jpg

トレネ自身の動画は見つからなかったのでアルヴァロ・ロンバールの歌唱でお聴き下さい。

L'Abbé à l'Harmonium  Alvaro Lombard  神父様のオルガン  アルヴァロ・ロンバール  

30910f.jpg

L'Abbé à l'Harmonium  神父様のオルガン      《宇藤カザン訳》  

Chantant nos cantiques
Nous étions p'tits bonshommes
Bercés par la musique d'un bon vieil harmonium
Qui n'était pas électrique
Aussi pour le faire fonctionner
Un ecclésiastique, un Abbé pédalait
Mon Dieu comme il pédalait
Qu'il pédalait bien l’Abbé

坊やだった僕たちは
賛美歌を歌いながら
古い素敵なオルガンの音色に
心地よく揺すられていた
それは電動ではなかったので
それを鳴らすには聖職者の
神父様がペダルを踏んだ
おやまあ、神父様は
なんて上手にペダルを踏まれた事か

Au mois de Marie
Au joli mois de mai
La Vierge notre amie
Le soir nous endormait
Et nous rêvions c'est étrange
Que notre Abbé reçu à Rome
Par le Pape et les anges
Leur jouait de l'harmonium
Mon Dieu comme il pédalait
Qu'il pédalait bien l'Abbé

マリア様の月
麗しい五月
親愛なる聖母様
夜が僕たちを寝かせつけると
奇妙にも
僕たちの神父様が
法皇様と天使たちによって
ローマに招かれ
彼らにオルガンを弾くという
夢を見た
おやまあ、神父様は
なんて上手にペダルを踏まれた事か

La vie va trop vite
Parfois même elle s'emballe
Soudain l'Abbé nous quitte
Trouvé mort aux pédales
Et nous pensions en silence
Que ce jour-là s'était enfui
Un peu de notre enfance emporté avec lui
Mon Dieu comme il pédalait
Qu'il pédalait bien l'Abbé.

光陰矢の如し
時折人生は暴走することもあり
突然神父様がペダルを踏んで
死んでいるのが見つかり
あの世に召された
そして僕たちは静かに思った
その日に僕たちの幼年時代が
神父様と一緒に少し逃げ去ってしまったと
おやまあ、神父様は
なんて上手にペダルを踏まれた事か

Souvent c'est bizarre
Il m'arrive de rencontrer
Dans les trains ou les gares
Des enfants escortés
Par un ecclésiastique
Alors oui, c'est plus fort que moi
J'entends un vieux cantique
De tristesse et de joie.
Mon Dieu comme il pédalait
Qu'il pédalait bien l’Abbé.

しばしば奇妙な事に
僕は列車の中や駅で
聖職者に伴われた子供たちに遭遇し
それで、そう、それは僕よりも上手で
悲しみや歓びの
古い賛美歌を聴く事がある
おやまあ、神父様は
なんて上手にペダルを踏まれた事か

30910c.jpg

この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。