2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルバラ Barbara の「黒い太陽」 "Le soleil noir" は1968年にリリースされた「黒い太陽」のアルバムに収められている。この「黒い太陽」のタイトルはジェラール・ドゥ・ネルヴァル Gérard de Nerval の詩 "El Desdichado" から取られたもので、「暗い太陽」とも訳せ、どちらかというと「暗い」の方が適切のようにカザンには思われる。

この曲はベルギーの炭鉱事故に心を痛めたバルバラの心情の吐露であるが、語り的な早い部分とスローな美しいメロディーがジャズ風のバックに乗って交互に現れるバルバラの難曲中の難曲なのではないかと思われるが、11月2日にこの曲を歌う予定のSさん、進み具合はいかがですか?

30815a.jpg

Le soleil noir  Barbara  黒い太陽  バルバラ

前回の「マリエンバード」でマチュー・ロザスを聴きましたが、この「黒い太陽」も迫力あるライヴ演奏です。

Le Soleil Noir  Mathieu Rosaz  黒い太陽  マチュー・ロザス

30815b.jpg

Le soleil noir  黒い太陽   《宇藤カザン訳》   

Pour ne plus, jamais plus, vous parler de la pluie,
Plus jamais du ciel lourd, jamais des matins gris,
Je suis sortie des brumes et je me suis enfuie,
Sous des ciels plus légers, pays de paradis,
Oh, que j'aurais voulu vous ramener ce soir,
Des mers en furie, des musiques barbares,
Des chants heureux, des rires qui résonnent bizarres,
Et vous feraient le bruit d'un heureux tintamarre,
Des coquillages blancs et des cailloux salés,
Qui roulent sous les vagues, mille fois ramenés,
Des rouges éclatants, des soleils éclatés,
Dont le feu brûlerait d'éternels étés,

あなたにこれ以上、もう決して雨について
重く垂れ込めた雲、灰色の朝について話したくないから
もっと軽やかな、楽園の国へと
靄を抜けて私は逃げ出した
おお、どれほどあなたを今宵連れて来たかった事か
荒れ狂う海、野蛮な音楽
幸せな歌、奇妙に響く笑い声
それらはあなたにとって幸せな騒音となるでしょう
波にもまれて転がり、何度も波に運ばれる
白い貝、海の塩を含んだ小石
色鮮やかな赤、散らばった陽光は
常夏の炎として燃えている

Mais j'ai tout essayé,
J'ai fait semblant de croire,
Et je reviens de loin,
Et mon soleil est noir,
Mais j'ai tout essayé,
Et vous pouvez me croire,
Je reviens fatiguée,
Et j'ai le désespoir,

私は出来る限りの事をしたけれど
そう信じるふりをして
遠くから私は帰るわ 
私の太陽は暗いけれども
私は出来る限りの事をした
本当なのよ
私は疲れて帰るわ
そして絶望しているの

Légère, si légère, j'allais court vêtue,
Je faisais mon affaire du premier venu,
Et c'était le repos, l'heure de nonchalance,
A bouche que veux-tu, et j'entrais dans la danse,
J'ai appris le banjo sur des airs de guitare,
J'ai frissonné du dos, j'ai oublié Mozart,
Enfin j'allais pouvoir enfin vous revenir,
Avec l'oeil alangui, vague de souvenirs,
Et j'étais l'ouragan et la rage de vivre,
Et j'étais le torrent et la force de vivre,
J'ai aimé, j'ai brûlé, rattrapé mon retard,
Que la vie était belle et folle mon histoire,

身軽に、とても身軽に、私は軽装で出かけた
着くとすぐに私は自分のするべき事をしたが
それはたっぷりと休む事だった
のんびりとくつろいだ時間
私はダンスに加わり
ギターの調べに合わせてバンジョーを練習した
背筋がゾクゾクしたわ、私はモーツァルトを忘れたの
ようやく私はあなたの元に戻れそうになって来たわ
けだるい目をして、漠然とした想い出と共に
私は嵐だった、生きるための激しい情熱
私は奔流だった、そして生きる力
私は愛した、私は燃えた、私の遅れを取り戻した
なんと人生は美しく、私のして来たことは狂気のようだったか

Mais la terre s'est ouverte,
Là-bas, quelque part,
Mais la terre s'est ouverte,
Et le soleil est noir,
Des hommes sont murés,
Tout là-bas, quelque part,
Les hommes sont murés,
Et c'est le désespoir,

けれども大地が開いた
そこで、どこかで
けれども大地が開いた
そして太陽は暗く
男たちが閉じ込められた
ずっと向こうで、どこかで
男たちが閉じ込められた
そしてそれは絶望だった

30815c.jpg

J'ai conjuré le sort, j'ai recherché l'oubli,
J'ai refusé la mort, j'ai rejeté l'ennui,
Et j'ai serré les poings pour m'ordonner de croire,
Que la vie était belle, fascinant le hasard,
Qui me menait ici, ailleurs ou autre part,
Où la fleur était rouge, où le sable était blond,
Où le bruit de la mer était une chanson,
Oui, le bruit de la mer était une chanson,

私は運命を払いのけ、忘我を求め
死を拒絶し、倦怠を締め出した
花は赤く、砂がブロンド色で
潮騒が一つの歌であったような
ここやそこかしこに私を導いた
魅惑的な偶然の出会いの人生は美しかったのだと
自身に信じ込ませるように言い聞かせて拳を握り締めた
そう、潮騒は一つの歌だった

Mais un enfant est mort,
Là-bas, quelque part,
Mais un enfant est mort,
Et le soleil est noir,
J'entends le glas qui sonne,
Tout là-bas, quelque part,
J'entends le glas sonner,
Et c'est le désespoir,

けれども子供が1人死んだ
そこで、どこかで
けれども子供が1人死んだ
そして太陽は暗い
弔鐘が鳴るのを私は聞いた
そしてそれは絶望だった

Je ne ramène rien, je suis écartelée,
Je vous reviens ce soir, le coeur égratigné,
Car, de les regarder, de les entendre vivre,
Avec eux j'ai eu mal, avec aux j'étais ivre,
Je ne ramène rien, je reviens solitaire,

私は何も持ち帰らず、私の心は引き裂かれた
彼らの生き様を見聞きして
彼らと共に心を痛め、彼らと共に酔い
心をかき乱して、私は今宵あなたの元に帰る
私は何も持ち帰らず、私は孤独なまま戻るわ

Du bout de ce voyage au-delà des frontières,
Est-il un coin de terre où rien ne se déchire,
Et que faut-il donc faire, pouvez-vous me le dire,
S'il faut aller plus loin pour effacer vos larmes,
Et si je pouvais, seule, faire taire les armes,
Je jure que, demain, je reprends l'aventure,
Pour que cessent à jamais toutes ces déchirures,

国境を越えたこの旅路の果て
それは何も傷付くことの無い地上の片隅なのだろうか
何かをすべきなら、私にそれを教えてくださるかしら
あなたたちの涙を拭うためにもっと遠くに行く必要があって
もしもこれらの全ての激しい心痛を永遠に止めるために
1人で戦闘を黙らせる事が出来るのならば
明日にでも、再び冒険の道へと進むと私は誓えるわ

Je veux bien essayer,
Et je veux bien y croire,
Mais je suis fatiguée,
Et mon soleil est noir,
Pardon de vous le dire,
Mais je reviens ce soir,
Le coeur égratigné,
Et j'ai le désespoir,
Le coeur égratigné,
Et j'ai le désespoir...

私はそれが信じられるまで
最後までやってみたいの
でも私は疲れたわ
そして私の太陽は暗い
こんな事を言ってごめんなさいね
けれども今宵私は帰るわ
掻き乱された心で
私は絶望している
掻き乱された心
私は絶望している

30815d.jpg

この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。