2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

ヴィッキー・レアンドロス Vicky Leandros の歌う「花の時代」 "Le temps des fleurs" は日本では「悲しき天使」と言うタイトルで公開されました。このころ「悲しき」とか「天使」の言葉の付いた曲がヒットしたので原題や内容とは無関係に売れるタイトルが付けられました。
元は英語の曲でメリー・ホプキン Mary Hopkin の "Those were the days" で、更には1920年頃にロシアで作られた「長い道」と言う歌が原曲となりますが、いずれも昔の事を懐かしく思い返す内容です。日本では森山良子が歌いヒットしました。

21011a.jpg  

Le temps des fleurs  Vicky Leandros  花の時代  ヴィッキー

この曲はフランスではむしろダリダの歌う曲として知られているでしょう。

21011b.jpg  

Le temps des fleurs  Dalida  花の時代  ダリダ

21011fr.jpg

Le temps des fleurs  花の時代    《宇藤カザン訳》

Dans une taverne du vieux Londres
Où se retrouvaient des étrangers
Nos voix criblées de joie montaient de l'ombre
Et nous écoutions nos coeurs chanter

ロンドンの下町の居酒屋で
見知らぬ人同士が出合った
喜びに満ちた声が暗がりから沸き起こり
誰もが心から歌っているのを聴いていた

C'était le temps des fleurs
On ignorait la peur
Les lendemains avaient un goût de miel
Ton bras prenait mon bras
Ta voix suivait ma voix
On était jeunes et l'on croyait au ciel
La, la, la...
{On était jeunes et l'on croyait au ciel}

それは花の時代だった
怖れを知らなかった
明日は蜂蜜の味だった
あなたの腕が私の腕を取り
二人は若く、天を信じていた
ラ、ラ、ラ・・・
二人は若く、天を信じていた

Et puis sont venus les jours de brume
Avec des bruits étranges et des pleurs
Combien j'ai passé de nuits sans lune
A chercher la taverne dans mon coeur

それから妙な物音と涙の
霧の立ち込める日々が訪れ
どれだけ月の出ない夜を過ごしたことか
私の心の中に居酒屋を探して

Tout comme au temps des fleurs
Où l'on vivait sans peur
Où chaque jour avait un goût de miel
Ton bras prenait mon bras
Ta voix suivait ma voix
On était jeunes et l'on croyait au ciel
La, la, la ......
{On était jeunes et l'on croyait au ciel}

何もかもが花の時代のようだった
怖れを知らずに生きていた
毎日が蜜の味だった
あなたの腕が私の腕を取り
あなたの声が私の声をなぞり
二人は若く、天を信じていた
ラ、ラ、ラ・・・
二人は若く、天を信じていた

Je m'imaginais chassant la brume
Je croyais pouvoir remonter le temps
Et je m'inventais des clairs de lune
Où tous deux nous chantions comme avant

私は霧が晴れる時を思い描いた
時を遡れるものと信じていた
私は自分のために月明かりを創り出した
そこで以前のように二人は歌っていた

C'était le temps des fleurs
On ignorait la peur
Les lendemains avaient un goût de miel
Ton bras prenait mon bras
Ta voix suivait ma voix
On était jeunes et l'on croyait au ciel
La, la, la ......
{On était jeunes et l'on croyait au ciel}

それは花の時代だった
怖れを知らなかった
明日は蜂蜜の味だった
あなたの腕が私の腕を取り
二人は若く、天を信じていた
ラ、ラ、ラ・・・
二人は若く、天を信じていた

Et ce soir je suis devant la porte
De la taverne où tu ne viendras plus
Et la chanson que la nuit m'apporte
Mon coeur déjà ne la reconnaît plus

そして今宵、私は居酒屋の扉の前に居る
あなたはもう来ないだろう
夜が私に届けてくれる歌を
私の心が知ることはもう無い

C'était le temps des fleurs
On ignorait la peur
Les lendemains avait un goût de miel
Ton bras prenait mon bras
Ta voix suivait ma voix
On était jeunes et l'on croyait au ciel
La la la...
{On était jeunes et l'on croyait au ciel}

それは花の時代だった
怖れを知らなかった
明日は蜂蜜の味だった
あなたの腕が私の腕を取り
二人は若く、天を信じていた
ラ、ラ、ラ・・・
二人は若く、天を信じていた


この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。