2017 / 04
<< 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>

バルバラ Barbara の歌う "L'homme en habit" は「晴衣の男」という邦題があるようですが、 en habit はフォーマルな服装を言うので、ここでは「燕尾服の男」としましたが、「礼装の男」でも良いでしょう。

詩的な内容なので日本語に置き換えるのがとても難しい歌詞でしたが、大体の内容はお分かりいただけるかと思います。

20927a.jpg

L'homme en habit  Barbara  燕尾服の男  バルバラ

20927b.jpg

L'homme en habit  燕尾服の男     《宇藤カザン訳》

Montmartre et sa colline
Ont mis une sourdine
Les lumières s'éteignent
La lune enfin peut briller
Quelques rires sonores
Se font entendre encore
Des filles passent lasses
Pressées d'aller se coucher

モンマルトルの丘は
静けさを取り戻し
街の明かりが消えると
月はその輝きを増す
時折甲高い笑い声が聞こえ
娘たちはくたびれた足取りで
急ぎねぐらへと向かう

Le laitier, seul au monde
A commencé sa ronde
Faisant vibrer la nuit
Du bruit de ses bidons de lait
Et voici l'homme en habit

牛乳屋だけがただ一人
牛乳缶をがちゃつかせ
夜のしじまを震わせながら
配達へと出かけた
すると燕尾服の男が現れる

Cet élégant gentilhomme
Porte un chapeau haut-de-forme
Une cape de soie noire
Et canne à pommeau d'ivoire
Et sur son gilet tout blanc
Un papillon
Un papillon en tissu bleu

この優雅な貴公子のいでたちは
シルクハット
黒い絹のマント
象牙の握りのステッキ
真っ白なチョッキ
蝶ネクタイ
青い生地の蝶ネクタイ

De sa démarche élégante
Il descend les rues en pente
La mine aristocratique
Et le geste mécanique
D´un homme qui ne sait pas
Ni d'où il vient
Ni d'où il vient
Ni où il va

優雅な足取りで
坂道を下る男
貴族的な顔立ちと
規則正しい身振り
どこから来たのかも
どこから来たのかも
どこに去って行くのかも
知らない男

Mais voici la lumière
Des tristes réverbères
Que l'aurore dévore
Comme des lambeaux de nuit
Une fenêtre bâille
Sur un homme qui bâille
Faut qu'il aille au travail
Il a sommeil et ça l'ennuie

そして夜のかけらのようなあけぼのが
くすんだ街灯の明かりを
飲み込む頃
半開きの窓では
男があくびをし
仕事に出かけなければと
眠気でうんざりしている

L'homme en habit s'avance
Vers le fleuve, en silence
Et tombe comme une ombre
Dans l'eau noir qui l'engloutit
Emportant l'âme en habit

燕尾服の男は河の方へと
押し黙って進み
燕尾服に包まれた魂と共に
影のように落ち
暗い水中にのみ込まれて行った

Cet élégant gentilhomme
Porte un chapeau haut-de-forme
Une cape de soie noire
Et canne à pommeau d'ivoire
Et sur son gilet tout blanc
Un papillon
Un papillon en tissu bleu

この優雅な貴公子のいでたちは
シルクハット
黒い絹のマント
象牙の握りのステッキ
真っ白なチョッキ
蝶ネクタイ
青い生地の蝶ネクタイ

Il n'est plus de notre monde
Et descend au fil de l'onde
Comme un poisson fantastique
Sous les ponts de pierres antiques
Et son âme ne sait pas
Ni d'où elle vient
Ni d'où elle vient
Ni où elle va

男はもうこの世にはいない
不思議な魚のように
古びた石の橋の下を
波に乗って流されて行く
そして彼の魂は知らない
どこから来たのかも
どこから来たのかも
どこに行くのかも

Adieu, adieu, adieu gentilhomme
C'est une charmante idée
D'avoir mis pour voyager
À travers l'éternité
Ton costume de marié
Adieu

さようなら、さようなら、さようなら、貴公子よ
それは素敵な思いつき
永遠へ向けて旅立つための
君の花婿の衣装
さようなら

20927c.jpg

[燕尾服の男]
素晴らしい。 長年探していた唄でした。
この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。