2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「過ぎ行くはしけ」 "Le chaland qui passe" はリス・ゴーティ Lys Gauty が1934年に歌ってヒットしましたが、もともとは「愛の言葉を、マリウ」 "Parlami d'amore, Mariù" という1933年に作られたカンツォーネです。ティノ・ロッシ Tino Rossi もゴーティと同じ年に「過ぎ行くはしけ」を歌っていますが、一部歌詞が違うので別々に訳しました。

なおこの歌詞の中のはしけは船舶と岸をつなぐ船ではなく、河または運河を行く平底船の事を言っています。

20412aa.jpg

Le Chaland qui Passe  Lys Gauty  過ぎ行くはしけ  リス・ゴーティ

Le Chaland qui Passe  過ぎ行くはしけ
           《宇藤カザン訳》

La nuit s'est faite, la berge
S'estompe et se perd...
Seule, au passage une auberge
Cligne ses yeux pers.
Le chaland glisse, sans trêve
Sur l'eau de satin,
Où s'en va-t-il ? ... Vers quel rêve ? ...
Vers quel incertain
Du destin ? ...

夜は深まり
岸辺は闇にまみれ見えなくなる
青みがかった灯りが瞬く一軒の宿屋の前を通り過ぎ
船は滑らかな水面を進み続ける
どこに向かって?・・・どんな夢を求めて?・・・
どんな未来の運命に向かって?・・・

Ne pensons à rien... le courant
Fait de nous toujours des errants ;
Sur mon chaland, sautant d'un quai,
L'amour peut-être s'est embarqué...
Aimons-nous ce soir sans songer
A ce que demain peu changer,
Au fil de l'eau point de serments :
Ce n'est que sur terre qu'on ment !

何も考えないことにしましょう
河の流れに任せて私たちはさすらい続けるの
どうやら私の船には岸辺から
愛が飛び乗って来たようね
明日をも知れぬわが身ゆえ
何も考えずに愛し合いましょう
流れに身を任せ愛の誓いを捨てましょう
嘘をつくのは地上だけでたくさん!

Ta bouche est triste et j'évoque
Ces fruits mal mûris
Loin d'un soleil qui provoque
Leurs chauds coloris,
Mais sous ma lèvre enfiévrée
Par l'onde et le vent,
Je veux la voir empourprée
Comme au soleil levant
Les auvents ...

あなたの唇は悲しげで
太陽から遠く離れているがために鮮やかに色付かず
未熟なままでいる果実のようね
だけど波と風でほてった私の熱い口づけで
朝日を浴びた船の舳先のように
真紅に染まるあなたの唇を見てみたい

La nuit s'est faite, la berge
S'estompe et se perd...
Seule, au passage une auberge
Cligne ses yeux pers.
Le chaland glisse, sans trêve
Sur l'eau de satin,
Où s'en va-t-il ? ... Vers quel rêve ? ...
Vers quel incertain
Du destin ? ...

夜は深まり
岸辺は闇にまみれ見えなくなる
青みがかった灯りが瞬く一軒の宿屋の前を通り過ぎ
船は滑らかな水面を進み続ける
どこに向かって?・・・どんな夢を求めて?・・・
どんな未来の運命に向かって?・・・

20412bb.jpg

Le chaland qui passe  Tino Rossi  過ぎ行くはしけ  ティノ・ロッシ 1934

Le chaland qui passe  過ぎ行くはしけ           《宇藤カザン訳》  

La nuit s'est faite, la berge
S'estompe et s'endort
Seule au passage une auberge
Cligne ses yeux d'or
Le chaland glisse et j'emporte
D'un geste vainqueur
Ton jeune corps qui m'apporte
L'inconnu moqueur
De son coeur.

夜が深まり
岸辺は闇にかすみ寝静まる
黄色い灯りが瞬く一軒のオーベルジュの前を通り過ぎ
船が滑り行く
僕はまるで征服者のように
君の若い体を奪えば
今だかつて味わったことのない悦びが
僕に訪れる

Ne pensons à rien, le courant
Fait de nous toujours des errants
Sur mon chaland sautant d'un quai
L'amour peut-être s'est embarqué
Aimons-nous ce soir sans songer
À ce que demain peut changer
Au fil de l'eau point de serment
Ce n'est que sur terre qu'on ment.

何も考えないことにしよう
河の流れに任せて僕たちはさすらい続ける
どうやら僕の船には岸辺から
愛が飛び乗って来たようだ
明日をも知れぬわが身ゆえ
何も考えずに愛し合おう
流れに身を任せ愛の誓いを捨てよう
偽りの誓いは地上だけでたくさんだから!

Pourquoi chercher à connaître
Quel fut ton passé
Je n'ouvre point de fenêtre
Sur les coeurs blessés
Garde pour toi ton histoire
Véridique ou non
Je n'ai pas besoin d'y croire
Le meilleur chaînon
C'est ton nom.

どうして過ぎ去ったことを知ろうとするの
僕は傷ついた心の窓を開こうとはしないし
君はは自分の過去を守ればいい
たとえそれが真実であろうとなかろうと
僕はそれを信じる必要はないし
もっとも大切な君との繋がりは
君の名だけさ

Ne pensons à rien, le courant
Fait de nous toujours des errants
Sur mon chaland sautant d'un quai
L'amour peut-être s'est embarqué
Aimons-nous ce soir sans songer
À ce que demain peut changer
Au fil de l'eau point de serment
Ce n'est que sur terre qu'on ment.

何も考えないことにしよう
河の流れに任せて僕たちはさすらい続ける
どうやら僕の船には岸辺から
愛が飛び乗って来たようだ
明日をも知れぬわが身ゆえ
何も考えずに愛し合おう
流れに身を任せ愛の誓いを捨てよう
偽りの誓いは地上だけで十分だから!

20412ccc.jpg



この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。