2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジジ・ラモローゾ」" Gigi l'amoroso" はダリダ Dalida ならではの歌だろう。彼女のイタリア訛りのフランス語がぴったりと歌の雰囲気に合っている。

ジジは愛称で、ジジ・ラモローゾは「恋のジジ」とか「恋するジジ」「愛しのジジ」などと訳せるだろうが「ジジ・ラモローゾ」で通っているようなのでそのままにします。

Dalida.jpg 

Gigi l'amoroso  Dalida  ジジ・ラモローゾ ダリダ

Gigi L'amoroso  ジジ・ラモローゾ     《宇藤カザン訳》

Je vais vous raconter
Avant de vous quitter
L'histoire d'un p'tit village près de Napoli
Nous étions quatre amis
Au bal tous les samedis
A jouer, à chanter toute la nuit
Giorgio à la guitare
Sandro à la mandoline
Moi je dansais en frappant du tambourin
Mais tous ceux qui venaient
C'était pour écouter
Celui qui faisait battre tous les cœurs
Et quand il arrivait
La foule s'écriait

お話しましょう
お発ちになる前に
ナポリの近くの小さな村の物語よ
わたしたち4人は友達同士だったの
土曜日はいつもダンスホールに行って
一晩中遊んで歌って
ギターをジョルジオが弾いて
サンドロがマンドリンを弾いて
わたしはタンバリンをたたきながら踊って
だけどみんな
胸をときめかせてくれるあの人の歌声がお目当てだったのよ
そしてあの人が入って来ると
みんな歓声を上げたわ

Arriva, Gigi l'Amoroso
Croqueur d'amour, l'œil de velours comme une caresse
Gigi l'Amoroso
Toujours vainqueur, parfois sans cœur
Mais jamais sans tendresse
Partout, c'était la fête quand il chantait
Zaza, luna caprese, o sole mio

ジジ・ラモローゾが来たぞ
色男、優しく愛でるようなビロードの瞳
ジジ・ラモローゾ
いつでも女心をとりこにし、しばしば遊び心で
それでもどんな時にも優しく
どこでも彼が歌えばお祭りのようだったわ
ザザ、カプリの月、オ・ソレ・ミオ

Gigi Giuseppe
Mais tout le monde l'appelait Gigi l'Amour
Et les femmes étaient folles de lui, toutes
La femme du boulanger, qui fermait sa boutique tous les mardis pour aller...
La femme du notaire qui était une sainte et qui n'vait jamais tromper son mari auparavant
Et la veuve du colonel
La veuve du colonel qui ne porta plus le deuil parce qu'il n'aimait pas le noir
Toutes, je vous dis
Même moi, mais moi, Gigi aimait trop sa liberté, jusqu'au jour où...

ジジ・ジュゼッペ
だけど誰もが「愛しのジジ」と呼んで
女たちはみんな彼に夢中になった
パン屋のおかみさんは火曜日にはいつも店を閉めていそいそと・・・
今まで決してご主人を裏切ることのなかった聖女のような公証人の奥様も
大佐の未亡人も
大佐の未亡人はジジが黒い色を嫌いだからって喪服を着なくなったし
誰もが、いうなれば
わたしでさえ、だけどわたし、ジジはやりたい放題だったから、あの日が来るまでは・・・

Une riche américaine
A grands coups de je t'aime
Lui proposa d'aller jusqu'à Hollywood
Tu seras le plus beau
De tous les Caruzos
Lui disait-elle jusqu'à en perdre haleine
Nous voilà à la gare
Avec tous nos mouchoirs
Le cœur serré, émus par ce grand départ
Pourtant on était fier
Qu'il dépasse nos frontières
Gigi partait conquérir l'Amérique
Et quand il arriva
Le village était là

金持ちのアメリカ女が愛しているわの決め台詞で
彼にハリウッドに行かないかと誘いを掛けたの
あなただったら
どんなカルーゾたちよりもずっと素敵よと
彼を延々と口説いたのよ
わたしたちはみんなハンカチを持って駅に出向いたわ
胸が締め付けられ、この大いなる旅立ちに感動し
とりわけジジが我々の国境を超えて遠くに行くことに誇りを感じたわ
ジジはアメリカを征服しに旅立つのよ
そして彼が到着すると
村の人々が揃っていた

Arriva, Gigi l'Amoroso
Croqueur d'amour, l'œil de velours comme une caresse
Gigi l'Amoroso
Toujours vainqueur, parfois sans cœur
Mais jamais sans tendresse
Et là, devant la foule, il a chanté
Zaza, luna caprese, o sole mio

ジジ・ラモローゾが来たぞ
色男、優しく愛でるようなビロードの瞳
ジジ・ラモローゾ
いつでも女心をとりこにし、しばしば遊び心で
それでもどんな時にも優しく
彼が歌えばいつもお祭りのようだったわ
ザザ、カプリの月、オ・ソレ・ミオ

Gigi, quand le train eut disparu, nous sommes tous rentrés chez nous
Et le lendemain, le village n'était plus le même
La femme du boulanger refusa d'allumer son four
La femme du notaire, par désespoir pris plusieurs amants
Et la veuve du colonel ferma ses persiennes et reprit le deuil pour la seconde fois
Oui, le village avait bien changé
Et moi...

ジジ、列車が見えなくなると、みんなは家に戻った
でもその翌日から村は以前とは変わってしまって
パン屋のおかみさんはパン焼き釜に火を入れようとしないし
公証人の奥様は絶望のあまりたくさんの愛人に走り
大佐の未亡人はよろい戸を閉めて二度目の喪にふした
そう、村はすっかり様変わりしてしまったのよ
そしてわたしは・・・

Des années ont passé
Cinq hivers, cinq étés
No news, c'était good news on nous avait dit
Il a fallu du cran
Du courage et du temps
Pour arriver à continuer sans lui
Et malgré son absence
La nuit dans le silence
Oubliant nos costumes et nos istruments
On entendait venir
Comme une larme un soupir
Du fond de la salle cette mélodie
Croqueur d'amour, l'œil de velours comme une caresse
Gigi...

歳月が流れ、5回の冬と夏が巡ってきた
便りがないのは良い知らせだとみんなで言い合って
ジジが居ないままの生活に慣れるには
忍耐と勇気と長い時間とが必要だった
わたしたちは衣装のことも楽器のことも忘れていたのに
真夜中の静けさの中に
彼が居ないはずなのに
嘆きのように涙のように
ホールの奥からこのメロディーが流れてくるのが聴こえてきた
色男、優しく愛でるようなビロードの瞳
ジジ・・・

Gigi ? c'est toi là-bas dans le noir ?
Attends, laisse-moi te regarder
Mais tu pleures
Tu pleures Gigi
Ça n'a pas été là-bas, hein
Et alors, et alors, qu'est ce qu'ils comprennent
Ces Américains à part le rock et le twist, hein
Ma Gigi, qu'est-ce que tu croyais, devenir comme ça Gigi l'Americano
E invece no, tu sei Giuseppe Frabrizio Luca Santini
Et tu es Nappolitain
Ecoute, Giorgio s'est mis à la guitare
Attends, Sandro est là aussi
Mais, mais tu ne peux pas t'en aller comme ça

ジジ?あなたなの、そこの暗がりに居るのは?
ちょっと、よく見せてよ
だけどあなた泣いているの
ジジ、あなた泣いているの?
あっちでは上手く行かなかったの、そうなのね
そうよ、そうよ、あいつらアメリカ人に
何が分かるって言うのかしら、
ロックとツイストはともかく、そうよね
ジジ、あなたジジ・アメリカーノにでもなれるだろうなんて思ってたの?
だけどあなたはジュゼッペ・フラブリツィオ・ルカ・サンティーニなのよ
ナポリっ子なのよ
聴いて、ジョルジオがギターを弾き始めたわ
待って、サンドロも居るわ
だけど、これではあなたは行ってしまえないでしょう

Ici tu es chez toi
Ici tu es le roi
Tu entends, tu les entends Gigi
Ils sont tous là
Ils ont dû te reconnaître à la gare
Chante Gigi, chante, c'est ton public
Chante pour eux, chante pour moi qui n'ai jamais su te parler
Oui, vas-y, bravo Gigi, chante !

ここはあなたの家よ
あなたは王様なのよ
聴こえる、ジジ聴こえるかしら
みんな揃っているわ
駅であなたに気づいた違いないわ
ジジ歌って、歌って、みんな聴きに来たのよ
あの人たちに歌って、あなたに今まで何も言えなかった私のためにも歌ってよ
さあ、やって、ステキよジジ、歌って!

20329ldkdrer.jpg


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ ←ブログ・ランキング

[楽譜について]
いつもカザンさんのブログを読んでおります。シャンソン大好き人間です。いつもは音楽付が多いので勉強になります。今回は歌詞のみなんですね。この「ジジラモローゾ」先日越路さんが歌ってらっしゃるテレビを見ました。楽譜があると大変助かるのですが、楽譜はないのでしょうか。
[ジジ・ラモローソ]
オレンジ色のタイトルをクリックすると動画がみられますよ。楽譜はちょっと難しいですね。手元にはありません。
この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。