2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

「歌い続けて」 "Mourir sur scène" は「舞台の上で死ぬ」という意味で、軽快なリズムの乗って力強く歌われます。

この歌は実にダリダ Dalida にふさわしい曲のように思われる。ダリダは1987年の5月に度重なる失恋で自殺したが、彼女の墓はモンマルトルにあり、彼女の死を悼んで訪れる人が絶えない。ダリダは歌に恋に全身全霊で打ち込んだ歌手だったのだろう。

51202a.jpg

Mourir sur scène  Dalida   歌い続けて ダリダ

20104ferr.jpg

Mourir sur scène  歌い続けて     《宇藤カザン訳》

Viens mais ne viens pas quand je serais seule
Quand le rideau un jour tombera,
Je veux qu'il tombe derrière moi.
Viens mais ne viens pas quand je serais seule
Moi qui ai tout choisi dans ma vie
Je veux choisir ma mort aussi.
Il y a ceux qui veulent mourir un jour de pluie
Et d'autres en plein soleil,
Il y a ceux qui veulent mourir seuls dans un lit
Tranquille dans leur sommeil

おいで、でも私が一人の時は来ないで
いつか幕が降りる時は
私の後ろで降りて欲しい
おいで、でも私が一人の時は来ないで
私はいつも自分で人生を選んで来たから
自分の死も自分で選びたい
雨の日に死にたい人もいるし
晴れ渡っている日に死にたい人もいる
ベッドの中で眠りながら静かに
孤独のうちに死にたい人もいるだろう

Moi je veux mourir sur scène devant les projecteurs
Oui je veux mourir sur scène,
Le cœur ouvert tout en couleurs
Mourir sans la moindre peine
Au dernier rendez-vous
Moi je veux mourir sur scène
En chantant jusqu'au bout

舞台の上でスポットライトを浴びて私は死にたい
そう、舞台の上で私は死にたい
心は色鮮やかに解き放たれて
少しも痛みを感じずに死ぬ
最後におまえと会う場所
舞台の上で私は死にたい
最後まで歌い続けて

20104dali.jpg

Viens mais ne viens pas quand je serais seule
Tous les deux on se connaît déjà,
On s'est vu de près souviens-toi.
Viens mais ne viens pas quand je serais seule
Choisis plutôt un soir de gala
Si tu veux danser avec moi
Ma vie a brûlé sous trop de lumières
Je ne peux pas partir dans l'ombre
Moi je veux mourir fusillée de laser
Devant une salle comble.

おいで、でも私が一人の時は来ないで
二人は既に知り合っている
近くで目を合わせたのを思い出して
おいで、でも私が一人の時は来ないで
もしおまえが私と踊りたいのなら
盛装の晩を選んでくれたほうがいい
私は眩い光を浴びながら人生を燃え立たせて来た
闇の中に消えて行くなんてできない
レーザー銃で焼き殺されたい
満員のホールの観客の前で

Moi je veux mourir sur scène devant les projecteurs
Oui je veux mourir sur scène,
Le cœur ouvert tout en couleurs
Mourir sans la moindre peine
Au dernier rendez-vous
Moi je veux mourir sur scène
En chantant jusqu'au bout

舞台の上でスポットライトを浴びて私は死にたい
そう私は舞台の上で死にたい
心は色鮮やかに解き放たれて
少しも痛みを感じずに死ぬ
最後におまえと会う場所
舞台の上で私は死にたい
最後まで歌い続けて

20104gdjr.jpg

Mourir sans la moindre peine
Du corps bien orchestré
Moi je veux mourir sur scène,
C'est là que je suis née.

少しも痛みを感じずに死ぬ
オーケストラの音を体に浴びて
舞台の上で私は死にたい
そこが私の生まれた場所だから

20104kder.jpg

20104fjgggs.jpg  

ichoufu2.jpg

[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。