2017 / 04
<< 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>

「フル・フル」 "Frou-frou" が最初に歌われたのは1898年の事で、1920年頃リーヌ・ルノー Line Renaud が再び歌いヒットした。Frou-frou とは衣擦れの音のことで、女性は女らしくスカートの方が魅力的ですよ、という内容です。

51201a.jpg

Frou Frou  Line Renaud  フル・フル  リーヌ・ルノー

次にルイ・マリアーノとマテ・アルテリーのデュオでお聴きください。

Frou-frou  Luis Mariano en duo avec Mathé Altéry  フル・フル  ルイ・マリアーノとマテ・アルテリー

11229kd.jpg

Frou-frou フル・フル     《宇藤カザン訳》

La femme porte quelquefois
La culotte dans son ménage
Le fait est constaté je crois
Dans les liens du mariage
Mais quand elle va pédalant
En culotte comme un zouave
La chose me semble plus grave
Et je me dis en la voyant

女性は家事をするときは
時には半ズボンをはくけれど
その事は結婚の絆の中で
認められることだと思う
だけど歩兵隊の兵士のように
半ズボンで自転車のペダルを踏めば
それは最悪なんじゃないかな
そういう女の人を眺めると
私は心に思ってしまう

Frou frou, frou frou par son jupon la femme
Frou frou, frou frou de l'homme trouble l'âme
Frou frou, frou frou certainement la femme
Séduit surtout par son gentil frou frou

カサカサ、サラサラ、女はスカートで
カサカサ、サラサラ、男の魂を悩ます
カサカサ、サラサラ、特に女のスカートの
微かな衣擦れの音が男を魅惑するのは間違いない

11229nr.jpg

En culotte me direz-vous
On est bien mieux à bicyclette
Mais moi je dis que sans frou frou
Une femme n'est pas complète
Lorsqu'on la voit retrousser
Son cotillon vous ensorcelle
Son frou frou
C'est comme un bruit d'aile
Qui passe et vient vous caresser

半ズボンの方が自転車に乗るには便利だと
あなたは言うけれど
私はスカートの衣擦れの音なしでは
女らしさに欠けると思う
女のスカートの裾が翻るのを目にすると
あなたはイチコロ
スカートの衣擦れの音は
鳥の羽ばたく音のように
ふいに訪れあなたに心地良く響く

Frou frou, frou frou par son jupon la femme
Frou frou, frou frou de l'homme trouble l'âme
Frou frou, frou frou certainement la femme
Séduit surtout par son gentil frou frou

カサカサ、サラサラ、女はスカートで
カサカサ、サラサラ、男の魂を悩ます
カサカサ、サラサラ、特に女のスカートの
微かな衣擦れの音が男を魅惑するのは間違いない

11229drt.jpg

La femme ayant l'air d'un garçon
Ne fut jamais très attrayante
C'est le frou frou de son jupon
Qui la rend surtout excitante
Lorsque l'homme entend ce frou frou
C'est étonnant tout ce qu'il ose
Soudain il voit la vie en rose
Il s'électrise, il devient fou

男の子の格好をした女というものは
それほど人の目を引かないもの
女の人のスカートの衣擦れの音の方が
ずっと男の気を引く事ができる
この衣擦れの音を聞いた瞬間
男たちは、驚くべきことに
何をやるにも、人生バラ色
気力充実、狂喜乱舞となるものだ

Frou frou, frou frou par son jupon la femme
Frou frou, frou frou de l'homme trouble l'âme
Frou frou, frou frou certainement la femme
Séduit surtout par son gentil frou frou

カサカサ、サラサラ、女はスカートで
カサカサ、サラサラ、男の魂を悩ます
カサカサ、サラサラ、特に女のスカートの
微かな衣擦れの音が男を魅惑するのは間違いない

11229ce.jpg

あなたはスカート派、ショーツ派?

ichoufu2.jpg

[スカートの衣擦れ]
私の仕事は万引き阻止の警備業、ほとんどがスカート姿です。
爪先がスカートを擦るとキュピュ、ピュッと大島紬を擦るかの衣擦れ音が響きますね。私衣擦れ音は大好きです。
先日、万引き犯を捕まえた時も相手の腕を捕った瞬間、私のロングスカートからピピュっピュピ、ピュッ、キュピュっっと音がなりました。
[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[歌詞の順番]
2番と3番は逆になっているように思えますが。
この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。