2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

ポール・デュラン Paul Durand が1948年に作曲した「パリのお嬢さん」"Mademoiselle de Paris" で、ジャクリーヌ・フランソワ Jacqueline François が最初に歌い、何度も録音しました。

11215a.jpg

Mademoiselle de Paris  Jacqueline François  パリのお嬢さん J・フランソワ No1

Mademoiselle de Paris  Jacqueline François  パリのお嬢さん J・フランソワ No2

Mademoiselle de Paris  Jacqueline François  パリのお嬢さん J・フランソワ No3

Mademoiselle de Paris  Jacqueline François  パリのお嬢さん J・フランソワ No4 TV

Mademoiselle de Paris  André Claveau  パリのお嬢さん アンドレ・クラヴォー

11215kv.jpg

Mademoiselle de Paris  パリのお嬢さん     《宇藤カザン訳》

On l'appelle Mademoiselle de Paris
Et sa vie c'est un petit peu la nôtre
Son royaume c'est la rue d'Rivoli
Son destin, c'est d'habiller les autres
On dit qu'elle est petite main
Et s'il est vrai qu'elle n'est pas grande
Que de bouquets et de guirlandes
A-t-elle semés sur nos chemins.

人は彼女をパリのお嬢さんと呼んでいる
そんなに私達と変わらない彼女の生活
彼女の王国はリヴォリ通りにあって
彼女の使命は他の人を着飾ること
まだ見習いのお針子で
有名というわけではないけれど
どれだけの花束と花輪を
行く先々に振りまいてくれたことでしょう

11215d.jpg

Elle chante un air de son faubourg
Elle rêve à des serments d'amour
Elle pleure et plus souvent qu'à son tour
Mademoiselle de Paris

彼女は自分の街の歌を歌い
愛の誓いを夢見て
涙を流す泣き虫さん
パリのお嬢さん

Elle donne tout le talent qu'elle a
Pour faire un bal à l'Opéra
Et file, à la porte des Lilas
Mademoiselle de Paris
Il fait beau
Et là-haut
Elle va coudre un coeur à son manteau

オペラ座での舞踏会の催しのために
彼女の持てる限りの才能を注ぎながらも
ポルト・デ・リラに急ぎ行く
パリのお嬢さん
いい天気だね
そこで
コートに愛のハートを縫い付けよう

11215kkkkd.jpg

Mais le coeur d'une enfant de Paris
C'est pareil aux bouquets de violettes
On l'attache au corsage un samedi
Le dimanche on le perd à la fête
Adieu guinguette, adieu garçon
La voilà seule avec sa peine
Et recommence la semaine,
Et recommence la chanson

だけどパリの乙女心は
スミレの花束と同じよう
土曜日にブラウスにつけては
日曜日の祭りでそれを失くす
お祭り騒ぎよさようなら、男友達もさようなら
一人ぼっちになって悲しみに暮れる彼女なの
でも新しい週が始まれば
再び新しい歌が始まる

Elle chante un air de son faubourg
Elle rêve à des serments d'amour
Elle pleure et plus souvent qu'à son tour
Mademoiselle de Paris

彼女は自分の街の歌を歌い
愛の誓いを夢見て
涙を流す泣き虫さん
パリのお嬢さん

11215g.jpg

Elle donne un peu de ses vingt ans
Pour faire une collection d'printemps
Et seule s'en va rêver sur un banc
Mademoiselle de Paris
Trois petits tours
Un bonjour
Elle oublie qu'elle a pleuré d'amour
Elle chante et son coeur est heureux
Elle rêve et son rêve est tout bleu
Elle pleure mais ça n'est pas bien sérieux
Mademoiselle de Paris

彼女は春のコレクションの催しに
二十歳の青春を注ぎながらも
ベンチで一人夢見に出かける
パリのお嬢さん
くるりと3回ボンジュール
失恋で泣いたことも忘れ
歌を歌えば心は晴れ晴れと
彼女は夢見る真っ青な夢
些細なことで泣く泣き虫の
パリのお嬢さん

Elle vole à petits pas pressés
Elle court vers les Champs Elysées
Et donne un peu de son déjeuner
Aux moineaux des Tuileries
Elle fredonne
Elle sourit...
Et voilà Mademoiselle de Paris.

彼女はシャンゼリゼ通りの方に
急ぎ小走りに飛んで行く
朝食のかけらをチュイルリー公園の雀にあげて
彼女は口ずさむ
彼女は微笑む・・・・
これがパリのお嬢さん

11215gs.jpg

それぞれの歌手と時代によって少しづつ歌詞が違います。

「王国」とは仕事場のことで、「ポルト・デ・リラ/リラの門」は、当時そこで Guinguette (飲んだりダンスをしたりする郊外の遊び場所)があり、若者の出会いの場だったのでしょう。

「コートにハートを縫いつける」とは「恋と出会う」という意味の比喩的な表現で、スミレの花言葉には「小さな愛」というのもあります。「3回回ってボンジュール」と言うのはおまじないのようなものでしょう。「青い夢」は希望の夢です。

ルノワールの時代のガンゲットGuinguette の様子です。

11215gui.jpg

11215fdg.jpg

11215ren.jpg

ichoufu2.jpg

[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメント:する















Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。