2014 / 12
<< 2014 / 11 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2015 / 01 >>

"Joyeux Noë" 「ジョワイユー・ノエル」 は 「楽しいクリスマス」という感じで、英語の「メリー・クリスマス」 に当たるが、バルバラのこの曲は1968年にリリースされた「黒い太陽」 "Le soleil noir" に収められている。

この歌詞の内容はクリスマスの夜に恋人の元へと行こうとする男と女がアルマ橋の上で合い、恋人のところに行かずに行きずりの恋に落ちたという話である。歌詞の中に3人の名前が出てくるが、ジャン=ピエールとマドレーヌとウジェーヌで、マドレーヌとウジェーヌは女性の名前である。

「彼」は恋人の「マドレーヌ」のところに行こうとしてアルマ橋の上でばったり会った「ウジェーヌ」に惹かれて彼女の家に行き、一夜を過ごしてしまった。ウジェーヌは「ジャン=ピエール」のところに行こうとして行きずりの「彼」を家に招いた、ということになると思うのだが、「彼」の名前は歌詞の中に出てこない。「彼」の来なかったマドレーヌは「どうしてクリスマスにあなたは来なかったの?」とお冠だが、大晦日には仲直りして、また元の鞘に収まったという、いかにもフランスらしい大人のクリスマスの物語である。

41224a.jpg

Joyeux Noël  Barbara   ジョワイユー・ノエル  バルバラ

バルバラの歌を多くカバーしているマチュー・ロザスもこの歌を歌っている。

Joyeux Noël   Mathieu Rosaz  ジョワイユー・ノエル  マチュー・ロザス

41224g.jpg

Joyeux Noël  ジョワイユー・ノエル    《宇藤カザン訳》

C'était vingt-deux heures à peine, ce vendredi-là
C'était veille de Noël, et pour fêter ça
Il s'en allait chez Mad'leine près du Pont d'l'Alma
Elle aurait eu tant de peine qu'il ne vienne pas
Fêter Noël, fêter Noël

それはようやく夜の10時になったばかりの金曜日の事だった
その日はクリスマスイヴだったのでお祝いするために
彼はアルマ橋の近くのマドレーヌの家に出かけた
彼が来なかったら彼女は悲嘆に暮れただろう
クリスマスを祝うために、クリスマスを祝うために

En smoking de velours vert, en col roulé blanc
Et le cœoeur en bandoulière marchant à pas lents
A pied il longeait la Seine tout en sifflotant
Puisqu'il allait chez Mad'leine il avait bien l'temps
Charmant Noël, charmant Noël

グリーンのビロードのタキシードを着て、白いハイネックの襟で
うきうきした気持ちでゆっくりとした足取りで
彼はずっと口笛を吹きながセーヌ河に沿って歩いていた
マドレーヌの家に行くのだけれどまだ時間はたっぷりあった
素敵なクリスマス、素敵なクリスマス

C'était vingt-deux heures à peine, ce vendredi-là
C'était veille de Noël, et pour fêter ça
Elle s'en allait chez Jean-Pierre, près du Pont d'l'Alma
Il aurait eu tant de peine qu'elle ne vienne pas
Fêter Noël, fêter Noël

それはようやく夜の10時になったばかりの金曜日の事だった
その日はクリスマスイヴだったのでお祝いするために
彼女はアルマ橋の近くのジャン=ピエールの家に出かけた
彼女が来なかったら彼は悲嘆に暮れただろう
クリスマスを祝うために、クリスマスを祝うために

Bottée noire souveraine et gantée de blanc
Elle allait pour dire je t'aime tout en chantonnant
A pied elle longeait la Seine marchant d'un pas lent
Puisqu'elle allait chez Jean-Pierre elle avait bien l'temps
Mmh mhm mhm, charmant Noël

取って置きの黒いブーツをはいて白い手袋をして
彼女は愛してるわと言うためにずっと鼻歌を歌いながら
セーヌ河に沿ってゆっくりと歩いていた
ジャン=ピエールの家に行くのだけれどまだ時間はたっぷりあった
ムフー、ムフー、ムフー、素敵なクリスマス

Or voilà que sur le pont ils se rencontrèrent
Ces deux-là qui s'en venaient d'un chemin contraire
Lorsqu'il la vit si belle des bottes aux gants
Il se sentit infidèle jusqu'au bout des dents

ところが反対の道から来たこの二人は
橋の上でばったり出会ってしまったという訳なの
手袋をしてブーツを履いたとてもきれいな彼女を見た彼は
完全に浮気心を感じてしまった

Elle aima son smoking vert son col roulé blanc
Et frissonna dans l'hiver en lui souriant
Bonsoir je vais chez Jean-Pierre, près du pont d'l'Alma
Bonsoir, j'allais chez Mad'leine c'est juste à deux pas

彼女は彼のタキシードと白いハイネック姿を好ましく思い
彼に微笑みかけながら冬の寒さに震えていた
こんばんは、私はアルマ橋の近くのジャン=ピエールの家に行くの
こんばんは、僕はすぐそこのマドレーヌの家に行くんだ

Et ils allèrent chez Eugène pour y fêter ça
Sous le sapin de lumière quand il l'embrassa
Heureuse elle se fit légère au creux de son bras
Au petit jour ils s'aimèrent près d'un feu de bois
Joyeux Noël, joyeux Noël

そして彼らはクリスマスを祝うためにウジェーヌの家に行った
きらめくモミの木の下で彼が彼女を抱き寄せると
幸せな気持ちで彼の腕の中で寄り添い
明け方には彼らは薪の炎の前で愛し合った
メリー・クリスマス、メリー・クリスマス

Mais après une semaine, ce vendredi-là
Veille de l'année nouvelle tout recommença
Il se rendit chez Mad'leine l'air un peu sournois
Elle se rendit chez Jean-Pierre un peu tard ma foi

けれども一週間後のこの金曜日の
大晦日の夜に全てはまた始まった
彼は少し重苦しい気持ちでマドレーヌの家に行った
確かに遅まきながら彼女はジャン=ピエールの家に行った

Bien sûr il y eut des scènes près du Pont d'l'Alma
Qu'est-ce que ça pouvait leur faire à ces deux amants-là?
Eux qu'avaient eu un Noël comme on n'en fait pas
Mais il est bien doux quand même de rentrer chez soi
Après Noël, joyeux Noël

もちろんアルマ橋の近くではけんかが起きた
それがこの二人の恋人にどういう結果をもたらしたかって?
彼らにとっては他の人とは違ったクリスマスだったの
それでも彼が家に帰るときにはとても穏やかな気持ちになっていた
クリスマスは過ぎたけれど、メリー・クリスマス

Kazan

Author:Kazan





free counters

東京シャンソンコンクール・大阪ヴォーカルコンクールについての案内は下の《日仏文化サロン》をクリック。

日仏文化サロン


シャンソン歌詞翻訳 《宇藤カザン》

東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

501015rose.jpg

宇藤カザンの水彩画教室生徒募集

上北沢教室
高井戸教室
西新宿教室New
自由が丘教室
新百合ヶ丘教室
南大沢教室
新浦安教室
府中教室
伊豆高原教室

伊豆高原の《ギャラリー・カザン》のブログ
2018年5月オープン予定でギャラリーを作っています。またギャラリーのガーデンは2020年4月オープンを目指して少しずつ作業しています。ブログは下のURLをクリック!
http://gallerykazan.blog.fc2.com/


「水彩画教室」「アミカル・ド・シャンソン」へのお問合わせ

kazanuto*gmail.com(*→@)

宇藤カザンのホームページthumy2.gif
http://utokazan.jp

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。